MELDIA GROUP

ENTRY

仕事は人。コミュニケーション力を高め、現場に立つ。

新卒入社/施工管理

工事課

中野慶

2017年入社

工学系大学では建築学全般を学び、特に街づくりを中心に勉学に励んだ。一方で高校時代から熱中していたサッカーのサークルにも所属し、文武両道に努めた。
メルディアグループがJリーグの湘南ベルマーレのオーナー企業であることも知り、親近感を強く感じて入社を志望する。

中野慶イメージ

自分ならどんな家がつくれるだろう。

三栄建築設計を知ったのは、大学の研究室の先輩から「ユニークな会社だよ」と勧められたことがきっかけでした。実際、会社説明会に参加してみると「同じ家は、つくらない。」「効率やコストよりも、こだわりのある家づくり」といった言葉に強く共感をもちました。なかでも「街並みは街の景観を語るひとつの芸術作品でもある」という話は、非常に印象的でした。自分もこの会社のチームの一員になれたら、どんな街づくりや家をつくることができるだろうと、ワクワクした気持ちでした。

中野慶イメージ

現場での経験が、自分を鍛えてくれる。

私の業務の内容は多岐にわたります。工程や予算、安全、品質管理等のさまざまな管理業務から、社内的には営業や設計それぞれとの調整、お客様においてはお引き渡し後のメンテナンス対応など、まさに家まるごとに精通していなければ務まりません。当然のことですが、すべてにおいて自信をもってお客様にお引き渡しできるよう、気を引き締めて仕事に向きあっています。特に現場では、図面には描かれていない微妙な部分をどうするかなど、職人さんから即決を求められることも多くあります。当然、想定される問題には事前準備を怠りませんが、それでも現場では即答できない場合も稀にあります。そうした際には、曖昧な判断はせずに先輩に聞いたり、社に持ち帰って勉強しなおすようにしています。家は一生ものですから、細部にいたるまで自信をもって業務を遂行していかなければなりません。日々、さまざまな経験を重ねながら自身が成長していると実感しています。

中野慶イメージ

チーム力でつくりあげる喜び。

施工管理の仕事は、多くの職人さんと打ち合わせや確認をしながら、ひとつひとつの家を完璧なかたちで仕上げていかなければなりません。それぞれの専門のプロフェッショナルで、私の父親のような年齢の方もいらっしゃいます。ときには意見がぶつかることもあります。そんなときに忘れてはならないのが、コミュニケーションの大切さです。尊敬と敬意をもちつつ、やっていただきたいことはきっちりと伝える。自分がこの現場のリーダーなんだと自覚し、お互いに納得のいくまでしっかりと話しあう。本当に良い家をつくろうという想いはひとつなのですから、どんな議論にも必ず着地点はあります。チームとして協力して家づくりができることは、私の大きなやりがいです。いつの日か、デザインや設計も含めて、家づくりまるごとのプロフェッショナルだと自負できるように成長したいと思います。

中野慶イメージ
中野慶イメージ

人を知る

pagetop

新卒採用の方

下記、いずれかよりご応募ください。

中途採用の方

下記より募集要項を確認の上、ご希望の職種にご応募ください。

現在募集中の職種一覧